忍者ブログ
その日の想いを徒然なるままに。
10<<    11  /  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30      >>12

[406]  [405]  [404]  [403]  [402]  [401]  [400]  [399]  [398]  [397]  [396]  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

静かに、見送る。

ひとつの命を、天(そら)へと。

悲しみが、胸の奥を捉えて離さない


目を閉じれば、在りし日々が浮かぶ 幻

走馬灯の如く 駆け巡る

悲しみの涙よ 止まれ


ひとつの命との別れ、ひとりの友との永遠の別れ


二度と交わることのないこの道

ただ振り返る

在りし日々を、キミの姿を探す


言葉に出来ないほどの感情と

言葉では言い尽くせないほどの感情とが

胸の奥深くで交錯する



ひとつの命が、天(そら)へと還るとき

ただ 静かに、天(そら)を仰ぎ見る



ひとつの命が、天(そら)へと還るとき

ただ 静かに、振り返る

キミとの想い出が消えてしまわぬように


ひとつの命が、天(そら)へと還るとき

ただ 静かに、祈る

ひとつの想いを、そっと胸の奥で繰り返す




涙は 何処へ流れてゆくのか

悲しみは 何処へ還るのか
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Font-Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret
   この記事へのトラックバック

  この記事にトラックバックする:


←  久し振りの感覚    HOME    尋常なほどの  →


Copyright (C) **徒然日記** All Rights Reserved. | Powered by NinjaBlog | Template by 紫翠

忍者ブログ | [PR]