忍者ブログ
その日の想いを徒然なるままに。
10<<    11  /  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30      >>12

[86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今まで書いていたような気がして、書いてなかった家族構成。
うちんとこは「デフ・ファミリー」といって、家族全員(父・母・兄・私)
耳が聞こえないという障がいを持っています。
だから、家族内でのコミュニケーションは必然的に手話となるわけです。

今まで引越しが多かったので、
父の職業は自衛隊?と聞かれることが多いんですが、牧師なんです。

* * * * * * * * * *
12月に帰省した時に、父の病名について詳しく話を聞いたところ、
6月の時点ではただの「胃がん」だったらしいんですが。
どうも3月くらいから胃あたりに異変を感じていたらしくて、
何度か病院で見てもらっても、「胃潰瘍」としか診断されなかったそうです。

それが5月の終わり頃に、胃に腫瘍が見つかって初めて「胃がん」と診断され、
6月に手術するということに至ったんですが。
その後の検査で「スキルス胃がん」だと言うことが解り、
抗がん剤を投与しての治療が始まったんですが、
父本人がこの治療をずい分嫌がっていたみたいで。
(父は大の病院嫌い…。そして、コレはうちにも遺伝しているみたい…)

8月、10月、11月に入退院を繰り返しつつ、色んな所に出張。
何でそんな体力があるの!?と、周りの人は驚いていたみたいですが。
父の体調を考えて、3階のアパートでは階段の上り下りが大変だろうってことで、
12月始めくらいに、実家を一階に部屋があるアパートに急遽引越し。

…でも、父はその家に帰ることは叶いませんでした。

最期まで「これが欲しい。」とかそういった要望を一切言わず、
「何かして欲しい?」と聞いてみても。
父の要望はたったひとつだけでした。

「家に帰りたい。」 と。

最期まで家族が一緒に居ることを望み、そして何よりも一番。
母が傍に居てくれることを望みました。

「明日か明後日までの命かもしれないけど、死ぬことを怖いとは思わない。」

「もし、○○(兄)や奏がもっと小さかったら、
もっと生きたいと願ったかもしれないけれど、
もう二人とも充分に大人になった。
だから、思い残すことはない。」

「こうやって、家族に恵まれて充分幸せな人生だったと思う。」

最期まで、自分の病気のことよりも仕事のこと、母の今後のことを考えながら。
母はパソコンが使えないから、教えてやって。とか、
長い休みの時は母の為に実家に帰ってやるんだよ。とか、
借金だけはするな。とか、
ほんとに、自分の事よりも、周りのことばかり気にかけてて。

父って、こんな人だったんだ。と、
生まれて初めて父のことを尊敬したんです。

そして、この父のもとに生まれてきて良かったと、
生まれて初めて、そう思いました。

* * * * * * * * * *

1 やすかれ、わがこころよ
  主イエスはともにいます
  いたみも苦しみをも
  おおしく忍び耐えよ
  主イエスのともにませば
  たたえぬ悩みはなし

2 やすかれ、わがこころよ
  なみかぜ猛るときも
  父なるあまつかみの
  みむねにゆだねまつれ
  み手もてみちびきたもう
  望みの岸はちかし

3 やすかれ、わがこころよ
  月日のうつろいなき
  み国はやがてきたらん
  うれいは永久に消えて
  かがやくみ顔あおぐ
  いのちのさちをぞ受けん

賛美歌『やすかれ、わがこころよ』

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Font-Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret
   この記事へのトラックバック

  この記事にトラックバックする:


←  父を想う・4    HOME    父を想う・2  →


Copyright (C) **徒然日記** All Rights Reserved. | Powered by NinjaBlog | Template by 紫翠

忍者ブログ | [PR]