忍者ブログ
その日の想いを徒然なるままに。
07<<    08  /  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31      >>09

[84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日久し振りにPCを開いて、メールチェックしていたら…。
300通くらいの新着メールが来ていて、軽くビビる(((°д°;)))
その中で、本当に必要なメールは僅か10通くらいだったんだけど…(汗)
スパムメールを何とかしたいと思うこの頃。

* * * * * * * * * *

思い起こせば、父の元気な姿を最後に見たのは、去年の1月。
なんとなく北海道のおばぁさんの顔が見たくなって。
北海道に行こうと提案した所、両親も凄く喜びながら賛成してくれて。
本当に久し振りの家族旅行でした。

ここでの一番の思い出は、旭山動物園。
アザラシが丸い筒の中を上がったり下がったりする所、
そしてペンギンの散歩タイムでは、父が張り切って撮影していました。
ベストショットが撮れたりすると、誇らしげな顔で見せてくれます。
「これ、いいじゃん。」と言うと、それはもう嬉しそうな顔で。

今思うと。
小さい時から家族旅行が多かったんですが、その度に。
父が撮影に張り切っていたように思うのです。
思い出を残しておくのが好きな人だったんでしょうか。
現像した写真を眺めながら、思い出を語り合えるのが楽しいからでしょうか。

札幌の『T38(タワー・スリーエイト)』に行った時には、
母とのツーショットをせがまれ、しぶしぶ撮影(笑)
父は本当に母を愛しているんだなぁ…と感じたひと時でした。

これが、最後に見た父の元気な姿でした。

あれからたった1年。
長い人生から振り返ると、1年という歳月は短く見えるものだけれど、
1年という長い時間をかけて、病魔が父の身体を蝕んでいったのかと思うと。

どんなに他愛ないことでも。
どんなに平凡な毎日の繰り返しであっても。
1日1日という時間を大切にしながら過ごしていかなければなと、
父の姿を見ながら、そう思ったのです。

* * * * * * * * * *

1 血しおしたたる 主のみかしら、
  とげにさされし 主のみかしら、
  なやみとはじに やつれし主を、
  われはかしこみ きみとあおぐ。

2 主のくるしみは わがためなり、
  われは死ぬべき つみびとなり、
  かかるわが身に かわりましし
  主のみこころは いとかしこし。

3 なつかしき主よ はかり知れぬ
  十字架の愛に いかに応えん
  この身とたまを としこえまで
  わが主のものと なさせたまえ。

4 主よ主のもとに かえる日まで、
  十字架のかげに 立たせたまえ。
  み顔をあおぎ み手によらば、
  いまわのいきも 安けくあらん。

賛美歌『血しおしたたる』

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Font-Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret
   この記事へのトラックバック

  この記事にトラックバックする:


←  父を想う・2    HOME    お久し振りです。  →


Copyright (C) **徒然日記** All Rights Reserved. | Powered by NinjaBlog | Template by 紫翠

忍者ブログ | [PR]