忍者ブログ
その日の想いを徒然なるままに。
07<<    08  /  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31      >>09

[88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

20080127.jpg
年末年始に帰省した後に、編集していた画像。
『いつか来る現実』を乗り越えられるようにと、
そんな想いを込めての画像です。

思ったより早くその現実が訪れてしまったんですが。
この画像を見るたびに、頑張らなきゃなと思うのです。



父が危篤状態だった時の病院側の対応、そしてその時秋田に滞在していた
熊本からの親戚の対応に、少し頭にくるような出来事があったんですが。
それはまぁ、いつかの機会に。

兄も前日東京に戻ったばかりなのに、慌てて帰省。
お疲れ様です…。

さんざん泣きはらした後は、葬儀の準備で泣く暇もなかったんですが。
父の宗教が仏教ではなく、キリスト教だとはいえ、
キリスト教も大きく分けると、
カトリック派・プロテスタント派 に分かれるので、
それを葬儀会場の人に伝えるのに時間がかかってしまいました。

どうも、キリスト教=カトリック というのが、通常みたいです。
カトリックとプロテスタントの違いを説明したり、進行などは、
父の職業関係者の人に全てやってもらったんですけど。

親戚たちの目には、父の葬儀はあまりにもシンプル過ぎる、
と映ったみたいですが。
(実際色々聞かれたりしましたし…。)

それでも、全国各地から父の職業関係者が集まってきてくれて。
心の底から嬉しく思ったんです。
父は人が多く集まるのが好きな人でしたし、寂しがり屋でもあったから。

葬儀の間は、何故か涙は出ませんでした。
賛美歌が、不思議と心を落ち着かせてくれたんじゃないかと。
親戚の人が号泣し過ぎて、逆にこっちが泣けるような気分じゃなかった、
っていうのもあるような気がしないでもない…(変な日本語!)

父との別れは当然辛く悲しいものだけれど、
今まで築いてきた、数え切れない程の想い出たちが。
自分にとって嫌だった想い出も。
今では全てが素敵な想い出に映るのですから。

これから先、ふと父の事を思い出した時に。
切なく胸を締め付ける時があるかもしれないけれど、
涙を拭って、前に向かって歩き出します。

いつか、父のことを語る日が来た時は。
その時は、きっと笑顔で語れることでしょう。

最後に。
友人たちへ。
そして、このサイトを通して、ネットを通して知り合った方々へ。
色々心配していただき、本当にありがとうございました。
心から深く、感謝申し上げます。

* * * * * * * * * *

1 とうときわが主よ おもいは尽きぬ
  かなしきわかれも みむねと仰がん。

2 なやみにあえども 主ともにませば、
  むなしくなげかず みむねと仰がん。

3 めぐみをおもいて なみだをはらい、
  みくにをのぞみて みむねと仰がん。

4 わが主にたまわり わが主に召さる、
  すべてをゆだねて みむねと仰がん。

賛美歌『とうとき わが主よ』
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Font-Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret
壮絶ですね
前のコメントで泣けてくるって書きましたけど、悲しい日記が残念っていうわけじゃないですよ!!
なんか、感動しました。
本当に、帰省お疲れでした!!
yagi 2008/01/27(Sun)  22:44 編集
ありがとう☆
山羊さんにも色々心配していただいて、本当にありがとうございました!!
今回の帰省は、自分にとって色んな意味で充実した毎日だったんじゃないかなと。
山羊さんの心に響くものがあったとしたら、嬉しく思います^^

山羊さんも今日本に居るんですね。
久し振りの日本を楽しんでくださいね~!!*^^*
風見 奏 2008/01/28(Mon)  20:50 編集
   この記事へのトラックバック

  この記事にトラックバックする:


←  あ"~~!!    HOME    父を想う・4  →


Copyright (C) **徒然日記** All Rights Reserved. | Powered by NinjaBlog | Template by 紫翠

忍者ブログ | [PR]