忍者ブログ
その日の想いを徒然なるままに。
07<<    08  /  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31      >>09

[288]  [287]  [286]  [285]  [284]  [283]  [282]  [281]  [280]  [279]  [278]  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

年末年始の帰省で移動中の暇潰しとして
何かいい本はないかな~と、本屋で色々物色していた時に…。

何故か『ベルサイユのばら』の漫画がどうしても気になって。
思わず衝動買い(゚Д゚;
その他推理小説もろもろ。

歴史と推理小説が大好物です(*´ω`*)

『ベルサイユのばら』の話を聞いたりすることはあっても、
その時は何故か"読みたい!"とは全然思えなくて。

数年経った今。
生まれて初めて『ベルサイユのばら』を手に取りました

読み終えてひとつ思ったのは。
政略結婚が彼女にとって若すぎた、ということ。
多感な年頃に他国へと嫁がれた少女。

政治的な知識も充分に蓄えられずに、
自分の意思とは裏腹に
全く面識のない人の所へ嫁がれるということは どんな気持ちだったのだろうか。

支えてくれる人が傍に居てくれたとしても、
人生の最後まで孤独感を埋めることが出来なかったんじゃないかな、って。

彼女を守っていたのはプライドなのかな、とも。


…オスカルとアンドレがたった一夜結ばれるシーンで泣いてしまいましたpq


最近何かを読んで涙を流したのって、『余命1ヶ月の花嫁』以来です(つд`)゜。


今まで『ベルサイユのばら』を読まずにいたなんて。
なんと もったいない気分もしたんですが。

初回発行が1976年。
うちが生まれる前に発行されたものなのに、
30年経った現在でも残されているということ。

名作と呼ばれる理由が少しだけわかったような気がします。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Font-Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret
無題
ベルバラ・・・私も成人してから読んだ口です。
これぞまさに少女漫画!って絵が苦手で・・・
今は なぜか本棚に全巻ならんでおります(*≧▽≦)σ

推理小説は 推理できないけれど アガサクリスティ好きです。田辺隆一訳のポアロが大好き!
洋物は 翻訳家によって全然作品のイメージが違ってくるので面白いですね。
本は手当たり次第に読むけれど、ファンタジーとSFが好きです、にひひ
ほほほほっ 2009/01/08(Thu)  01:24 編集
無題
・・・田辺じゃなくって 田村さんね・・・
ほほほほっ 2009/01/08(Thu)  14:53 編集
お約束
エルサイズのはら
はイラネッ(゚Д゚=)ノ⌒゚

アガサは高校生の時によく読んだな~
「検察側の証人」は秀逸ですb

歴史ものでは北方謙三にはまってますなw
「楊家将」は上下二巻でお手軽お奨めです
○ 0 o o ―y( ̄◇ ̄)ぷは~
2009/01/08(Thu)  23:38 編集
無題
>ほほほほっさん
あぁー、なるほど><
少女漫画の典型!って感じだったからうちもなかなか手が出せなかったのかもw

田村隆一訳のポアロがあったんですか!Σ(゚Д゚)
うちが読んだのは別の翻訳家だったような…
今度探してみます!(*´∀`人)♪

推理小説が大好物でも、推理が解ける確立は1%ほどです!(ぇ


>雷さん
え、えるっ…!!(´゜ω゜):;*.':;ガハッ

「検察側の証人」ですか!
一回読んだっきりですが、とても面白い展開だったなーと
現在でも覚えてるくらいです(*´ω`*)
コレクション熱が出てきそう…w

なんとも渋い…!w
お勧めの本をありがとうです!
今度探してみます!!!ε===(っ`・ω・´)っ
2009/01/09(Fri)  23:02 編集
   この記事へのトラックバック

  この記事にトラックバックする:


←  やっと終わった…    HOME    仕事始め  →


Copyright (C) **徒然日記** All Rights Reserved. | Powered by NinjaBlog | Template by 紫翠

忍者ブログ | [PR]