忍者ブログ
その日の想いを徒然なるままに。
09<<    10  /  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31      >>11

[94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まず始めに。
このブログを読んでくれている友人達へ。
色々心配してくれて、ほんまにありがとう。
『ありがとう』という言葉だけでは、全然足りないくらいに。

『ありがとう』以外にどんな言葉があるのだろう。

この、湧き上がってくる気持ちを。想いを。
どのような言葉で言い表せばいいのだろう。

近いうちに新しい詞が出来そうな予感。
あくまで、予感(笑)

ほんとに、海より深く。感謝しています。
この気持ちを、いつか何らかのカタチで返せたらいいな。

* * * * *
タイトルの『悲しみの連鎖』…。
去年の12月から悲しい知らせが続いて届いてきました。
会社の先輩から。
前の会社の先輩から。
中学時代の友人から。
大学時代の友人から。

…どうして、うちの周りでこんなに悲しい出来事が起こるのでしょう。
残された家族として、悲しみを分かち合うことはできるけれど、
その人とどのような時間を過ごしてきたかで、
悲しみの内容も変わってくるものだなと、最近そう思う。
そして、流す涙の意味も。

うちが今一番心配になっている人が。
前の会社の先輩なんだけど、旦那さんが帰らぬ人となって…。
うちが聞いている範囲では、これまでに複雑な結婚生活を送ってきたみたいで。
長い間別居生活をしていて、去年の終わり頃に再び一緒に暮らし始めて。
これから…という時だったから。

一緒に暮らし始めた時の、先輩の顔。
本当に、幸せそうな顔だった。
「何で、この人のいい所に気付けなかったんだろう。」
「これからは、ずっと一緒に居られる。」 …と。

これ以上の幸せは要らない、そんな感じだった。

前日会いに行ったんだけれど…。
後悔の言葉ばかりが、次から次へと。
その姿が、あまりにも悲しすぎて。
先輩を抱きしめることしか、それ以外に出来ることが見つからなかった。

私の言葉、先輩に届いているといいんだけど…。
最悪、間違った道を選択してしまわぬうちに。
近いうちにまた、会いに行こうと思う。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Font-Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret
何故か
悲しい知らせって、続いて来ますよね・・・・。反対に、嬉しい知らせも、なぜか連鎖してるような気もします。
いつ環境が変わっても良いように、毎日後悔しない生活が出来たらいいんですけどね・・・
その方の心の支えになってあげられたらいいですね・・・。
yagi 2008/02/06(Wed)  22:33 編集
ほんとに
そう思いますね。
悲しみを一人で背負わなくてもいいように。そして、歓びを皆で分かち合えるように。
そんな風に出来ているのかな、と思ったりします。
後ろを振り返って嘆くだけの後悔よりも、前に向かってゆける為の後悔だったらいいんですけどね…。
何処まで力になれるかわからないけれど、精一杯、私なりに支えてあげたいなと思っています。
風見 奏 2008/02/07(Thu)  21:52 編集
   この記事へのトラックバック

  この記事にトラックバックする:


←  『霧』    HOME    前回の…  →


Copyright (C) **徒然日記** All Rights Reserved. | Powered by NinjaBlog | Template by 紫翠

忍者ブログ | [PR]