忍者ブログ
その日の想いを徒然なるままに。
10<<    11  /  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30      >>12

[116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前日、静岡時代の後輩からこんなメールが届いた。
(原文ママ)

* * * * *

静岡県立(沼津・静岡・浜松)聾学校』が、
今度から『静岡県立(沼津・静岡・浜松)聴覚特別支援学校』と
名称変更することになりました。

校名を決定するのは国の法律ではなく、各県の学校設置条例であり、
東海地方の中では静岡県以外の県(三重県・愛知県・岐阜県)は
校名変更は無いとのこと。
何故東海の中で静岡県だけが校名変更されるのか疑問に思う。
聾学校を知的障がい児との併置校にし、
いずれは養護学校と合併される可能性が出てくると困るので、
校名変更に強く反対するため、署名運動を行っている。

なので、是非協力されたし!

* * * * *

とうとう来ましたか、という感じでしたね。
宮崎県の聾学校も今度4月くらいから変わるらしいですし。
でも、『聴覚特別支援学校』ってナニ?と思いますよ。
『聾学校』はその名どおりに耳が聞こえない子どもたちが教育を受ける場として
県が認めた学校であるわけでしょ。
そのままでいいじゃないですか。
『特別支援』という言葉を付ける必要が何処にあるんですか。

特別…他と特に区別されているさま。一般と特に異なっているさま。
支援…力を貸して助けること。

耳が聞こえないから特別なの?
だから、力を貸して助けてあげよう、って?
なんか言葉の差別を感じるのはうちだけだろうか?

『聴覚特別支援学校』で検索してみたら、
殆ど全国の聾学校が名称変更するみたいですねー。

でも、メールの中に『知的障がい児との併設校にし、
いずれは養護学校と合併される可能性が出てくると困るので…』
と書いてあるのを見て、聾学校という歴史はこれから変わっていくんだなと。
そういうのを強烈に感じましたね。

これから『特別支援』について色々聞く機会が増えそうなので、
その時に感じたことを、また此処に書き綴れたらなと思います。

今日はこの辺りで。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Font-Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret
   この記事へのトラックバック

  この記事にトラックバックする:


←  呪縛・2    HOME    呪縛  →


Copyright (C) **徒然日記** All Rights Reserved. | Powered by NinjaBlog | Template by 紫翠

忍者ブログ | [PR]