忍者ブログ
その日の想いを徒然なるままに。
07<<    08  /  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31      >>09

[317]  [316]  [315]  [314]  [313]  [312]  [311]  [310]  [309]  [308]  [307]  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

潮風薫る岸辺で ひとり佇む
空が真っ赤に燃え尽き 闇へと化してゆく瞬間(とき)

そっと瞳 閉じる

時間(とき)の鼓動に 身を任せながら


少しずつ繋がれてく 途切れてたメロディー
曖昧な記憶の中で
遡ってゆく 思い出の扉開いて

どこからか… 聴こえてくる
子どもの歌声 潮風に乗って

手の指の隙間から 落ちてゆく砂粒のように
あの頃の情熱(おもい)は
時間(とき)の速さと共に 忘れ去られて

あの頃の情熱(おもい)は 何処へ逝ったのか
目の前にあるものを恐れず
がむしゃらに前へと
希望(ゆめ)を描き 胸を膨らませた日々

流れ落ちてゆく砂粒
忘れ去られた 遠い記憶
少しずつ薄れてく情熱(おもい)
時間(とき)の速さと共に

どんなに抗っても 二度と戻れない
砂粒も 跡形なく消えて
夢から覚め 現実に戻ってゆく
ただ 海の鼓動だけが 胸に響く

手のひらで キラリと一粒

ずっと 忘れなかったもの
ずっと 忘れられなかったもの

"あきらめない"という情熱(おもい)


 
write word:2003年
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Font-Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret
長文コメ・・・自重します
詩・詞ともに過去の分も見ていますが(実はまだすべては見ていませんが)こういうものは、見ててなんだか、読みながら文を理解するにしてもその詩・詞の背景を思い描く様な・・・自分と照らし合わせるような・・・立体的な音で耳で聞くよりも、"文字"を見て身体にじわじわ染み込んで来る感じが面白くていいですね。
通り過ぎない通りすがり 2009/03/06(Fri)  09:42 編集
長文大歓迎です・3・
作詩&作詞へのコメントは中々頂けないものなので、
貴重なコメントを頂き、正直嬉しい気持ちです^^
音をイメージして綴る…というより、
ひとつの舞台をイメージしながら綴っている感じです。
音が付くかどうか…微妙なところです(涙
詞の背景に何かを思い浮かべてくれたなら。
私としても大変嬉しく思います

どうか立ち止まってゆっくり読んでいってください
2009/03/06(Fri)  20:44 編集
   この記事へのトラックバック

  この記事にトラックバックする:


←  全員集合!    HOME    アレルギー性鼻炎  →


Copyright (C) **徒然日記** All Rights Reserved. | Powered by NinjaBlog | Template by 紫翠

忍者ブログ | [PR]