忍者ブログ
その日の想いを徒然なるままに。
10<<    11  /  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30      >>12

[122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

会社のことで色々書きたい愚痴は沢山あるのに、
こうやって文章にできるほど自分の中でまとまってなかった部分もあって。
会社のことよりも、他に書きたいことがあったというのもあるんですけどね。
ブログに書きたいネタ(?)は沢山あるのになぁ…(- -;)

ってことで(?)今日は久し振りに会社のネタを。
うちの会社には様々な障害を持った人が沢山いるんですが、
それってつまり、親会社が法で定められた障害者雇用率を
達成するために作られた会社のようなものです。

この会社が出来てまだ歴史も浅いので、これから…というような会社。
うちと同じ聴覚障害を持った人も多数居るんですが、
同じ障害を持っていても『この人だけは尊敬出来ない』と思う人が居るのです。

その人は別の課でそんなに接点はないんですが、
手話サークルとかで一緒に活動してたりします。
その人は去年入社して15年目を迎えたことで、会社から表彰をもらったそうです。
15年も勤務していると、社会人の先輩として色々相談したい…。
そう思うのが普通ですよね?

でも、その人だけにはどうしても相談は絶対したくない(笑)
たまに廊下とかで会っても、会社の愚痴しか言いませんし。
会社の人の悪口ばっか言ってきますし。
その人の課でなんか問題が起こったりすると、一週間は会社を休みますし。
その人は「風邪が思ったより長引いた」とそう言いますが、
会社では3日以上続けて休む場合は医者の診断書が必要になります。
(忌中とかは除いて。)

その人は一回も出したことがないそうです。

そんなんで、よく15年も会社におれたなぁ…と思うのです。
会社もこんな人を長く会社に置くんですね…。
何故クビにならないのか、それがすっごい疑問なんですけど。

いつも思うんだけど、その人に限ったことじゃなくて。
他にもこういう人が何人かおったりするんだけど…。
自分が障害を持っているということに甘えている人の多いこと。

障害を持っていると、自分が望む職業に就けないという現実はあるけれども。
それでもなんとか入れた会社で頑張ろうっていうのが、
障害者としてではなく、人間として当たり前のことじゃないですか。

それが出来ない人ばかり。
こんな会社に居ることが苦痛になったりすることもあります。
上司から『奏は若いんだから、会社の今後を支える人間になって欲しい』と、
そう言われたんですが…。
現在の会社の状態を見て、とてもやる気が出てきません。

会社を大きくする前に、会社の人たちの意識改革が必要なんじゃないかなって。
自分の障害をありのままに受け止めているのなら、
次は人間として社会人として当たり前のことが出来るようにならないと。
このままじゃ、私は会社の今後を支える人間にはなれません。

ほんとに声を大にしてこう言いたい。

『自分の障害に甘えるな!!』

もう、ほんと嫌になってくる…。
はぁ。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Font-Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret
おぉ、正論(笑)
でも、実際は、障害が無い人も、結構自分の環境の欠点とか、性格上こうだから、とかなんとかかんとか、甘えれる点を見つけようとしますよね。
現在の社会に、投げかけたい叫びですな。

とか言いつつ、自分も甘えないようにしないとなぁ(汗)
yagi 2008/03/21(Fri)  21:37 編集
甘えるということ
プライベートとかでは自分に甘える時間があってもいいと思うんですが、
会社にまで『甘え』を持ち込んでよいものかどうか…と思ってしまいます。
後に続く後輩たちのためにも、良き先輩として見本を見せて欲しいな、と。
自分も出来るだけ自分に厳しくあろうと努力してるんだけど、
その分ストレスが溜まってしまうんですよね…^^;
風見 奏 2008/03/24(Mon)  19:57 編集
   この記事へのトラックバック

  この記事にトラックバックする:


←  すっきりしない    HOME    久し振りに…。  →


Copyright (C) **徒然日記** All Rights Reserved. | Powered by NinjaBlog | Template by 紫翠

忍者ブログ | [PR]