忍者ブログ
その日の想いを徒然なるままに。
07<<    08  /  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31      >>09

[138]  [137]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日からスタートしたドラマ『ラスト・フレンズ』。
そのドラマを観て、久し振りに過去の痛みを呼び起こす。
瘡蓋で覆われたその傷跡は何年経っても癒されることなく、
ふとしたことで瘡蓋は剥がれ、生温い血を流す。

どんなに愛し合っている恋人がいたとしても、
愛情の度合いを越えれば、それはもはや恐怖でしかなくなる。
苦痛に苛まれ、人格を否定され、支配から逃れられず、
そんな日々が続くと心も凍りつき、マヒしてくる。
光の射さない闇の中で時間だけが永遠に廻り続ける。

「どうしたの?昔の貴方は優しかったのに。」
そんな言葉さえ、無意味なもの。
彼の生い立ち、境遇を知っているからこそ、
彼からの愛に懸命に応えようとした。

でも、それはあまりにも歪んだ愛というより、
今思うとそれは“愛”と呼べるような代物ではなかった。

愛という名の牢獄。

そして、私にだけではなく周りの友人たちをも巻き込んでしまい、
その所為で離れていった友人たちに申し訳ないという気持ち。
どんなに謝っても、どのような形で償えばいいのか、
これといった答も出ないまま、ここまで来たような気がする。

最後まで見捨てずに助けようとしてくれた友人のお陰で、
悪夢のような日々も長くは続かなかった。
ある日、突然姿を消してしまった。

風の便りで関東方面に行ったとか、結婚したとか。
そういうのをちらっと聞いたが、もう関係のないこと。
彼と私を繋ぐものは、何一つないのだから。

結婚した相手が暴力に悩まされることはないと信じたい。
彼もようやく心安らげる場所を見つけられたのだと、そう信じたい。

ただ、心の傷はそう簡単に癒えることはない。
ふとした時に、思い出すときがある。
「愛してる」と言われて、身体が強張る時だってある。

私は束縛されたくない人間。
だから、相手を束縛しない。
自分の好きな時間に、好きな場所へ行きたい。
だから、相手にも自分の時間を大切にして欲しい。
ほんとにそう思う。

自分の時間を大切にして、それが出来る人。
ふと思い出した時に、そして心が疲れたときに。
癒しを求めて帰ってくる場所が、私のところであって欲しい。
私が疲れきった時、帰ってこれる場所が彼でありたいなとも思う。

私は今何かを探し求めている状態なのかも知れない。
その“何か”は何なのか、自分でもわかっていないけれど。

とにかく、今は何処かへ飛びたい気持ち。
羽ばたきたい。


今年はどう考えても厄年としか思えない。
ある人の言葉で言うなら「大殺界」?

今日のランチ時に、割り箸をご飯に突っ込もうとした瞬間、
割り箸の先っぽがパックリ割れてしまった。

何かが起こる前触れ?

それはともかく、今年に入ってからあまりいいことがない。
この流れをどうにかして変えたいものだなと思う。

やっぱ、どこかに飛ぶとするかなー。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Font-Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret
飛ぶなら
ぜひ韓国へどうぞ!!

私も今年は大殺界のようですよ。
でも、苦しい時間は永遠には続きません。
お互い頑張りましょ^^
yagi 2008/04/12(Sat)  23:35 編集
ぜひとも!!
韓国、めっちゃ行きたいですー!!><
今宮崎から韓国への直行便がありますからねー。
JALだけど…^^;
貯金して、近いうちに韓国へ飛びたいものです(笑)

そうですよね、できる限り前向きに。
頑張っていきましょう^^
風見 奏 2008/04/14(Mon)  21:24 編集
   この記事へのトラックバック

  この記事にトラックバックする:


Copyright (C) **徒然日記** All Rights Reserved. | Powered by NinjaBlog | Template by 紫翠

忍者ブログ | [PR]