忍者ブログ
その日の想いを徒然なるままに。
09<<    10  /  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31      >>11

[237]  [236]  [235]  [234]  [233]  [232]  [231]  [230]  [229]  [228]  [227]  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

街の風が冷たくなった 少し肌身に染みる頃
木漏れ日の舞う街路樹で
落ち葉をサクサク踏みしめながら

小さな恋の想いは 儚く色褪せる

憧れたあの人に想いを打ち明けようとも
それさえ出来ずに 溜息ばかりの毎日

木枯らしの舞うこの路を
とぼとぼ歩いては 立ち止まり

ふと空を見上げては 涙が零れたよ

伸びてゆく飛行機雲を指で追いかけてみたり
公園のベンチに座り呆けてばかりいたよ

そんなこんなで思い悩んでみても
壮大なる空を目に 自分がちっぽけに見えて
何故かいつも 開き直ってしまうんだ

ぐいっと袖で涙を拭い
ずずっと鼻水すすって

胸を張って 大きく腕振って
また前を向いて歩き出すんだ

いつもの元気な自分に戻ろう
ある晴れた秋空の真下で


Write word:2002年
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Font-Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret
   この記事へのトラックバック

  この記事にトラックバックする:


←  あ。。。(゚Д゚    HOME    金木犀  →


Copyright (C) **徒然日記** All Rights Reserved. | Powered by NinjaBlog | Template by 紫翠

忍者ブログ | [PR]